たけぞー@「肉会」はじめました(その1.「肉会」説明編)

無職、「肉会」始める

そもそも「肉会」って何か?って言いますと、ざっくりいうと「出会い系アプリ」。

出会い系アプリなんですけど、特徴的なのは、「一緒に美味しい肉を食べに行こう!」という名目があって、マッチングが成功すれば、実際に肉料理屋でご飯を食べる、というもの。

 

もう一つの特徴は、『Facebookユーザー認証システム』を利用したというところ。

これによって、肉会を利用するためには、必ずFacebookアカウントが必要となります。

「無職」と言いながら、アプリ開発をしていて小遣いを稼いでいる者(開業届を出していないので、公には「無職」)としては、

 

(スゲーッ、画期的なシステムの出会い系アプリ!!!)

 

と思ったワケです。

 

なぜ画期的かと言いますと、出会い系アプリで一番大事なファクターを、Facebook認証によって、他のアプリよりグーーーンと上げているからです。

 

その「一番大事なファクター」とは何か。

 

それは、

 

「信頼」

 

です。

 

今までの出会い系サイトやアプリは、サクラや業者が横行し、存在しない超絶カワイイ写真の女の子からメッセージが届いてやり取りしていくうちにポイントが無くなり、

 

「ポイントが無くなりました。ポイントを購入して下さい」

 

と表示させてポイントを稼ぐというものが主だった。

 

この手法は、インターネット成長期の、まだネットリテラシーが低い人が多い時代には有効だったが、いまやジーさんバーさんもスマホを使うインターネット成熟期。

そういった、架空の人物になりすますことがすぐバレるシステムもあるし、ユーザー側の見分ける嗅覚も育っています。

 

小手先のダマしテクでは、もはや稼げなくなってきているのです。

 

ユーザーは出会い系アプリに一番「信頼性」を求めています。

 

・まず、本当に出会えるのか?

・この人はサクラじゃなく本物か?

・本物としても、この人は信頼できる人か?

 

アプリユーザーはこれらを必死で見定めようとしているわけです。

 

 

この「信頼」を担保してくれるのがFacebook。

 

肉会では、有料会員になることは必要ですが、ユーザー同士のFacebookページを見ることが出来ます。

そこで、友人の数が充分あったり、最近もしっかり投稿していて、友人がイイねやコメントを付けていたり。

そういうことを見ることで、ユーザーの信頼性を図ることが出来ます。

 

 

そんなステキなアプリを使ってみました。

 

次回は、実際に使ってみてどうなったか?を投稿します。

 

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Bitnami